山口県山口市大内にある こどもクリニック

こぐま診療所について

こぐま診療所は、こう考えています

こぐま診療所について伝えたい5つのこと
地域に貢献する医療を行います。

当院は日曜診療を行います。日曜日は診療をしている病院が少ないため、お困りと思います。「山口市であれば、どこかに必ず診てもらえる」という安心感を作ろうと思いました。そのかわり、土曜日が休診になります。

診療所がお子様にとって、怖くなく、楽しさを感じる場所になるように配慮します。同時に、ご家族も心がなごむように努力します。

ゆとりを持って待っていただこうと考え、待合室を大きくしました。
水槽を用意して、きれいな、かわいい海水魚を眺めることができます。
待合室の壁や床にご注目ください。待合室、キッズルーム、トイレなどに、当院のロゴマークであります「こぐま」マークがこっそり隠れています。この隠れこぐまは全部で6匹います。興味あるかた、お子様は、探してみてください。ヒントは天井です。

山口赤十字病院(おもに小児科)としっかり連携し、適切な紹介をおこないます。

13年間、山口赤十字病院にて、小児一般診療、新生児医療を行って参りました。紹介を受ける側として多くの患者を診てきたことを生かし、適切な二次医療への紹介を心がけていきたいと思います。

病院でおたがいに病気をうつしあわないように気をつけます。

予約システムを導入し、待合室で長時間、待つことがないように努力します。
また待合室が混まないような運用を行い、水平感染を防止します。
また一般診療の動線と、隔離の動線を用意しています。うまく運用し、病院内で病気をもらわないように気をつけます。

予防接種・健診をできるだけ希望の日時にできるように努力します。

予防接種や健診の時間帯もなるべく、ご家族の期待に応えるように配慮します。
ワクチンはどの時間帯でも予約してできるようにします。

こぐま診療所 外観

こぐま診療所のお医者さん

はじめまして。こぐま診療所 院長の寺地 真一です。
2020年6月にこぐま診療所を開院いたしました。山口市や大内地区のご家族が安心して子育てできるようにサポートさせてもらえたらありがたいと考えております。ぜひ、こぐま診療所をご利用ください。

こぐま診療所 てらち院長 はこんなひと

資 格・所属学会・その他の活動

資 格日本小児科学会専門医
新生児蘇生法普及事業 専門コース インストラクター
所 属日本小児科学会
日本新生児成育医学会
日本周産期新生児医学会
その他活動山口県立大学別科助産専攻 周産期学Ⅱ(新生児)非常勤講師       
山口県立大学別科助産専攻

略 歴

学 歴鹿児島県 私立 ラ・サール高等学校 卒業 
九州大学医学部 卒業
職 歴1998年 
      九州大学医学部小児科 入局 
      九州大学医学部附属病院 小児科 研修開始 
      福岡こども病院 勤務  
      九州医療センター 小児科 勤務  
      大分県立病院 小児科・新生児科 勤務 
      国立小倉病院(現;小倉医療センター) 小児科 勤務
    
2007年 春  山口赤十字病院 小児科 勤務 
2020年3月 山口赤十字病院 退職
2020年6月 こぐま診療所 開院

アクセス

経路については下記のGoogleMapで検索して下さい。

こぐま診療所は日曜日に診療します。
日曜は隔週で非常勤医師も診療に加わります。

診療所前の第1駐車場に18台、診療所向かって左隣の第2駐車場に8台の合計26台分の駐車場があります。安心してお車でお越し下さい。

よくある質問につきましてはこちらをご参照下さい。